<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「最後の挨拶」 blog終了のお知らせ

突然ではありますが、本日2006年6月30日を以って、このblogを
終了させて頂きます。今後の更新は、もう、ございません。

別に何かあった、或いはこれから何かある、というわけでは全然なく、
逆に何もなくしたい、これまでの柵を全て断ち切りたいという思いからの
closeです。
4月に新しい部署に異動になってから色々と考える余裕ができて、
今は自分にとっての重要な、そして時期的には最後のチャンスに近い、
「スクラップ&ビルド」の時間帯だと考えていて、blogも、そのスクラップ
対象の一つです。
例えば他にも北海道への拘りを捨てたとき、その瞬間、無数の選択肢が
目の前に拡がって来ます。

今日を幕引きの日としようと思ったのは数週間前でありつつ、終了の
ご報告が急になってしまい、不躾な形となりましたことは申し訳ありません
でした。
また一方で、私の拙い文章に対し、これまでご愛読、コメントを下さった皆様、
本当にありがとうございました。2年の長きに渡る更新の、大きな励みと
なりましたことは、言うまでもありません。

人生的にはこれからも頑張って参りたいと思います。
また何処かで、何らかの形でお会いできますことを楽しみにしております。
失礼致します。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-30 23:13 | 徒然ナル之事

ブラジル戦に寄せて(後編) 「nakata.net Cafe」@表参道

すっかり中田にべた惚れの先輩のニーズと、私の中田に対する敬意とが
相俟って、土曜に「nakata.net Cafe」に行ってきました。
02年の丸の内版には行っていないので、今回が初めての訪問です。

(朝9時到着。眠たい)
a0006362_19423393.jpg
朝9時っていうのは、開店は11時なんですが、「9時半から入場整理券を
配りますヨ」というスタッフの方のお話だったので、それで30分前を狙ったわけです。

(誰も並んでないのをいいことに、「Number」を置いてみた)
a0006362_19452632.jpg
(10時を回っても整理券が配られないので、色々撮ってみた)
a0006362_19454031.jpg
さて、結局11時の開店まで、整理券は配られませんでした(笑)
と言うのが、スタッフの方と電話で話していた「9時半」は「21時半」のことで、
それは「23時以降にW杯を観戦しにやって来るお客」を想定したお話で、
こっちは「ランチでも混むから朝から整理券配るんだー」というイメージ。
お互いにAM/PMを勘違いしていたという顛末です。
お蔭で2時間野晒しになって日射病になりそうでしたが、読みたかった文庫本を
晴天の下でしっかり読めたので、それはまあ良かった。

(そしてよーやく店内。大スクリーンと高い天井。居心地良かった)
a0006362_19455867.jpga0006362_1946653.jpg

(各自、ランチBOXを注文。私はアボカドとチキンの何とか)
a0006362_19462050.jpg

(オリジナルグッズを売っていたので、ヒデに貢献するべく買っておきました)
a0006362_19463269.jpg
右のはルームフレグランスで、ヒデが香り、デザイン等をプロデュースした一品。
でもこの甘ーい香りは女性向けとしか思えないので、私の部屋では
ワンポイントオブジェとして使われます、間違いなく。
ちなみにweb上では完売らしいです。

ともあれ、次期監督、スタッフの動向も、或る意味自然、或る意味サプライズな
ところですが、ヒデが今後も残るのかどうかが個人的には一番気になります。

今年のW杯においては、ジダン、フィーゴ、ネドベドといった30台前半の
「ベテラン」がチームを支える存在として君臨。
08年の予選を勝ち抜ければの話ですが、10年W杯も、年齢だけ見れば、
彼らのように残って日本代表としていてくれて全く遜色ないと思いますが、
次期体制・プランをヒデがどう受け取るか、私としては今後も目が離せません。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-25 20:13 | 食ニ関スル之事

ブラジル戦に寄せて 「ヒデ頑張れ!」

今、手元に99年9月に文庫化された「中田語録・第1刷」がある。
a0006362_620185.jpg
その中に、後に「マイアミの奇跡」と称された、ブラジルを1-0で破ることになる
試合直前の彼の言葉はこうだ。

「たとえブラジルであろうとも、相手を小ばかにするようなプレーがしたい」

そして明日AM4時、中田はそのブラジルと戦う。


もう少し言葉を借りる。例えばパスについて。

「ゴールのための可能性を追求するのか、味方の動きに合わせるのか、
確かに選択を迫られる。だったら俺は、迷うことなく前者でありたいと思う」
「俺の役目は、パスを送り続けること。その先の結果はFWに託すしかない。
だからこそ、妥協したパスなんて出せないんだよね」

そして井原さんがCapだった頃の、チームに融合していた時の言葉。

「みんな凄く仲がいい。それに代表は目的が明確な分、戦う意識が高い」
「ヤナギ、どの場所に、どんなボールが欲しいのか、もっともっとアピールしろよ」
「我が強いと思われるくらいに、自分を出していかないと」

ヒデはヒデ。
この語録の通り、98年にこの本がハードカバーで出版された昔から
ヒデは変わっていない。仲間意識も上述の通り、本当は高い。

次のW杯、もといその予選に彼が残ってくれるか判らない。

「戦う意識」、「自己アピール」、「我の強さ」を周りも見せてくれたら、
また少しだけ、次世代のために残ってくれるかもしれない。
逆に言うとこの試合を最後に諦観し、代表を去ってしまうかも知れない。

それを見届けるために、今日はもう、寝ます。
(追記:AM6時過ぎ。ごめんなさい、以下、肖像権は判っている上です)
ヒデ、心からありがとう、本意じゃない結果だと思うけど、goodゲーム。
a0006362_617224.jpg
(TV前はヒデ、川口一色)a0006362_6173311.jpg
(お疲れ様、ヒデ)a0006362_6174523.jpga0006362_6175391.jpg
(その涙を継いでくれる誰かが出現することを祈って)a0006362_6181158.jpg
(こうして幕は下ろされました。W杯以前に、2年後の予選、残ってくれるかな・・・)a0006362_6182393.jpg
「中田語録」、最後の引用です。

「俺は勝っても泣きませんね。もちろん、負けても泣きませんけど」

この言葉と、最後のヒデの、その正反対の姿が、彼の本当の全てを
物語っているのではないでしょうか。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-22 22:08 | 蹴球ニ関スル之事

W杯、切なさと愛しさと興奮と。

先日の「日本vsオーストラリア」の試合は、仕事を終えてから友人宅に
お邪魔して、BSハイビジョン、32インチ巨大ディスプレイで観戦させて
もらいました。本当、感謝感謝。ありがとう!

この日、攻守にガッツがあったのはヒデと川口だけ。
試合の方は、今更言うまでもなく、明日の2試合目以降に全く興味がなくなって
しまった有様でしたが、最後の10分までは大興奮で楽しんでいました。
『もし松井が呼ばれていたら、サイドも何もぶち抜いて鈍重な豪州を一蹴していたのに』
とか、
『4年後のキーマン、と言うか2年後の予選を突破するべき「世代」が召集されて
いないんですけど』
とか言っても詮無きことですが、「監督」ジーコに拘った協会の責任は重いでしょう。
全員辞任です(「選手」ジーコは勿論大好きです)。
と言うことで、あとはMyFavoritesを応援して楽しむに限るわけで、
(アルゼンチンとオランダ。奇しくも同グループに)
a0006362_18585874.jpg
アルゼンチンの10番Bagは「軽やか」アイマールイメージで購入していたのですが、
結果「ごっつい」リケルメになりました(笑)。でもあの「走ってさえいれば足元に出てくる
真のキラーパス」は、文句無しの10番ものです。DFしないのはご愛嬌!
そしてオランダ。ロッベンはここ数年最も好きなプレイヤー。今大会は大活躍で
ほんと大満足。
オランダのユニフォームはポロシャツのようにしっかり襟付きです。
これはジュニア用サイズ。160cm仕様だけど、私(172cm)にはジャストフィットで、
しっかりNIKEの高機能スポーツ仕様も搭載していて着心地も抜群です。
1日(水)は、その両チームが1位突破を賭けて激突!
朝4時キックオフだけど、23日(金)に同じく4時キックオフの「日本vsブラジル」よりも
絶対観たい!
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-17 19:12 | 蹴球ニ関スル之事

「北海道の会」なるもの

うちの会社はガタイだけはデカいので、「北海道の会」なる、
北海道出身者、乃至は支店経験者が集う会が、年に1回だか
2回あります。100~200人くらい今日もいたでしょうか。

それで、通常私は出ないんですが、今年は何となく出る気になって、
会費6,000円払って行って来ました。口にしたのはサンドイッチ一つと
ウーロン茶一口だけでしたけど。

でも払った甲斐あって、なかなか懐かしい出会いがありました。
とにかく数年ぶりなもので、会う人会う人、「た○○○、・・・お前、
その顔・・・身体どうした?お前もっとこう、普通だっただろ?
東京の・・・生活でアレか?そんなになったのか?」というリアクションが
多かったです。
それも理由の一つであることは間違いないんですが、今回は
駅伝効果があって、そのせいです、ということは説明しておきました。

あとは大好きな部長さんに会えたのも良かったです。
たまには出てみるものです。
もっとも、「あまり入れ込まないで。気長にね・・・!」という意味深な
コメントを頂いたりもしましたが。。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-14 22:01 | 北海道ニ関スル之事

駅伝からフットサルへ。そしてイングランド勝利

駅伝が終わり、食生活は普通通りの日々を取り戻しつつあったところ
ですが、先週、来月にフットサルに出ることが決まり、よりパワフルな
トレーニングを課すことにしました。

(よりパワフルにするためにはまず道具から)
a0006362_21273470.jpg
昨日KAMOでマイボールを買い、気分を出すためにmy favorite
右MFの石川(直)くんのレプリカTシャツも購入。右上は関係ないけど、
学生時代からのバスケマイボール。

それから昨日は「イングランドvsパラグアイ」の試合を、家の近くの
PUBにLIVEで観てきました。

(と、その前に急遽召集がかかった「安曇家」@表参道)
a0006362_21305291.jpga0006362_2131127.jpg
巨大な樽?で部屋が仕切られてます。
(そしてハシゴしてアイリッシュパブ「TULLAMORE」@代々木公園へ)
a0006362_2132538.jpga0006362_21321493.jpg
Pubだからイングランドの人でいっぱいで面白くないかなーと
思ったんだけど、日本人ばかりで2,3人しかいなくて少し残念。
a0006362_21323053.jpg
フィッシュアンドチップスや、牛肉のギネスビール煮込みなど食べつつ、
試合の方は1-0で勝利。グループリーグの突破は大丈夫そうです。
でもPubでの視聴は、タバコ吸ってる人が多かったからもういいや。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-11 21:44 | 蹴球ニ関スル之事

「五楓」@恵比寿

色んな仲間と何度行ったか判らない、自分としては大好きな
五楓」恵比寿店に行ってきました。
このblogの投入時間通り、19時から0時過ぎまで飲みまくり。
この2ヶ月のパワーアップで、アルコール耐性も高まった模様です。

一応無事チャリで帰ってきましたが、実情はふらふら。
とは言えエレベータの階数を押し間違えた程度で無事帰宅、
ご覧の通り、blogを打てるくらい回復致しました(←以上、文章が
支離滅裂だったらごめんなさい)。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-08 01:01 | 食ニ関スル之事

Re:リバウンド、それにまつわる映画と涙とお酒について

もう今回で、体重についてはネタとしてはしばらく放置。
もの凄い太ったとか、秋の駅伝のシーズンになったりしたら(?)触れるかも。
毎週写真撮るのもPCに移すのも面倒だし・・・。

(しばらく見納め。先週リバウンドしたと思ったら、それに更にリバウンドが)
a0006362_1956137.jpg
ここに来て最低値更新って変ですが、この金曜土曜と結構動いたと言えば
動いていたので、それに付いて来られるだけの食糧摂取が不足していた
のかもしれません。

その2日間の動きを見ると、

(金曜:三茶で「博士の愛した数式」(※)を観る)
a0006362_2014621.jpg
もう後半、滝のような涙。これで多分体重が相当減った。
(※)都内では6/2が最終日、ここが1軒だけ残された最後の映画館でした。
古き佳き、と言えば聞こえがいいんですが、相当古びた映画館でした。

(土曜、もとい日曜:都内某所、明け方4時walk ←時計と標識が読めるでしょうか)
a0006362_205554.jpg
土曜は、まず午前中に代々木公園を2.4km走。先週の駅伝で
死なないラインが判ったので、悪いけど、駅伝の時より速く走った。

その後、定期健診に行って睡眠薬を貰い(最高血圧103。こっちも怪しい気配)、
原宿に出てEDWINでジーンズ買って、一旦帰宅してから東銀座・東劇で
映画「ジャケット」を観劇&感激。
エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ、二人を大好きなので、観るのは
必然でした。そしてここでも独り落涙、体重減に寄与した?

その後、涙の跡が見られないかと人目を憚りつつ、銀座へ移動、アイリッシュ
パブでヒューガルテンやフィッシュアンドチップスを友人たちと楽しみます。
更にその後、珍しく、相当珍しく興が乗ったので、場所を変えて(かなり変えた)、
飲みました、むちゃくちゃ飲みました。

この個人的には奇跡の暴走は、或る意味、駅伝がもたらしたもの。
締め付けていた箍が外れると、斯くも人間はトリップ?するものなのか。
0時から4時近くまで、どっかのバーで、一切食べずに、ただ飲み明かして
歩いて帰ったことなんて、31年間で初です。

とにかく、タクって帰っても良かったんだけど、ここでまた3km歩きました。
米焼酎やカクテルを何杯飲んだのか、そしてそれらのカロリーが高いのか
低いのかも判らないけど(記憶は飛んでない)、ここでカロリーを相殺した
可能性は結構ありそう。

ただもう朝は最低。5時に寝て、7時に悪夢と寝汗と頭痛で目が覚めて、
バファリン飲んでもう一回寝直し。
それから昼に起きて、1日特に何もしないで今に至っていることですよ。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-04 20:40 | 肉体ニ関スル之事

駅伝エピローグ ~肉欲に溺れる日々~

精進料理から解放された僧侶は、欲望の赴くままに肉を貪ります。

(駅伝翌日・日曜ランチ@「pioppino(神泉)」)
a0006362_23494794.jpga0006362_2349595.jpg
生ハーム~、カルボナーラ~(=ベーコン)、

(駅伝翌々日・月曜ディナー@「しゃぶしゃぶ青山(表参道)」
a0006362_23541138.jpg
特選和牛~、美明豚~、

(駅伝翌々日・火曜ランチ@「面影屋珈琲店(オペラシティ)」
a0006362_23542833.jpg
ビーフカレー~、

(そして今日のディナー「ローズ・ド・サハラ(新宿)」)
a0006362_23574515.jpg
ダチョウのサイコロステーキ~(あ、鳥に戻っちゃった)。

ということで、喰ってます、毎日堰を切ったように?喰ってる。
たまたま今日、初めてこのblog読んだ方がいたら、「大食いblog日記」だと
思うに違いありません。

さあ体重Come on!
a0006362_022852.jpg
おう、駅伝当日比、400gアップ!
リバウンドが始まった!
体脂肪率が微動だにしていないが、月水と筋トレ、昨日はランニングを
再開して、タンパク質全てが全て筋肉に置換されたためと思われるので、
何も考えず、それはそれで良いこととする、以上。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-01 00:12 | 食ニ関スル之事