<   2004年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Jリーグへ行こう

今日は久し振りにJリーグを観戦。
「FC東京 vs 鹿島アントラーズ」です。

a0006362_21282963.jpg
まずは食べないと始まらないので、新宿にある
沖縄料理のお店「ナビィとかまど」で腹ごしらえ。
夜は予約の取りづらいお店だけど、お昼は結構狙い目。



a0006362_21253847.jpg
おいしいものをしっかり食べて、「飛田給」駅は
味の素スタジアムに到着。生憎の曇り空だけど、
多くのサポーターが集結中。
この辺りの雰囲気から楽しめます。



a0006362_21331724.jpg
今日は年に一度の「ブラジルDay」ということで、
サンバチームがスタジアムを盛り上げているところ。
サポーターたちは奇声を上げて応えます。
本日の観衆は2万8000人。



a0006362_21351596.jpg
試合は一進一退の末、残念ながら応援していた
FC東京が0-1で負けてしまう結果に。
でもケガから復帰の石川直宏くんが、復活の高速
ドリブルを見せてくれて満足。アントラーズの鈴木くんを
観られたのも良かった(間近で観るとデカいし強い)。
生で観るゲームは、TVと較べてやっぱり断然面白い。



a0006362_21401127.jpg
最後はチケットをプレゼントしてくれたFC東京の友達に、
更にスタッフ用の車で送ってもらっちゃって、
何から何まで至れり尽くせりの大感謝な1日でした。
いつかお返ししなければなりません。


[PR]
by tanicafenet | 2004-09-26 21:42 | 徒然ナル之事

秋分の日考

先週来、今月は全体的に寝不足なので、いいタイミングで巡って来る
秋分の日をこれ幸いに、ここは安らかな睡眠に充てよう。すっげー寝ようと
意気込んでいたわけです(後ろ向きですが)。

しかし週が明けると周囲を取り巻く環境は一段と悪化。

a0006362_06529.gif


23日は平日たる木曜日へと変貌を遂げ、「睡眠」の夢は「休日出勤」という現実に
生まれ変わったそうな ( ゚▽゚)/コンニチハ
[PR]
by tanicafenet | 2004-09-24 00:06 | 仕事ニ関スル之事

ランチとケーキとPresident。

先日触れたばかりだけど、今日も前の部署のメンバー(前回とはまた違った構成)で、
社外ランチに繰り出しました。

今回は隣のオペラシティにある「PONT DES ARTS(ポン・デ・ザール)」に。
店内は白を基調としたインテリアで、落ち着いて食事をするにはうってつけです。
以前からここのランチは非常に気に入っていて、中でも「何とかオムライス」は大変オススメ。
何かいつもこればっかり食べてる気がするけど、おいしいので今日もオーダーしてしまった。
本来スイーツのお店であるためか(「どっちの料理ショー」に参加したことも)、最後に
しっかりケーキも出てくるので、食べ終わる頃には完全にお腹が一杯です。


そんな優雅なランチの後、何とカウンターでケーキを幾つも注文している社長に遭遇。
状況も状況だし、単独で買出しにいらしていたことに驚きつつも、この後社長室で
バクバク召し上がる姿が想像できないことから、ひょっとしたら秘書さんが誕生日
だったりして、そのために気を利かせて買いに出てらっしゃったのかな、と勝手に斟酌。
何ともレアな光景に出くわしてしまった。。

ともあれ。仮にそうでなかったとしても、最高幹部が素でケーキを買い求めてらっしゃる
姿って何かカワイイなーと和んでしまった、不届きな午後のヒトトキでした。
[PR]
by tanicafenet | 2004-09-23 03:06 | 食ニ関スル之事

今欲しいもの

現在進行中の、或るささやかなプロジェクト。
それを実現するためのマストアイテムが「素敵チャリ」です。

a0006362_3305411.jpg中でもPEUGEOTの自転車が
欲しくてたまりません。
綺麗ですよね、自動車もそうですけど。


でも種類が多くて決まらないわけです。
[PR]
by tanicafenet | 2004-09-22 03:30 | 道具ニ関スル之事

ランチの身の振り方

社食で食べるのが好きじゃないので、9割方は会社の外に出てランチを
食べに行くことにしています。
中でも「以前の部署の友達と食べる場合」は、「以前の部署の居心地の良さ」
を再現するために、より社屋から離れてランチを楽しみます。

それで先日行ったのが、会社から歩いて5,6分のところにある「マスタッシュ」
基本はフレンチだけど、和食のテイストも混ざったような、融通の利くお店。
ランチは1,000~1,500円程度で、店内は小綺麗で騒がしいことも無く、
それは優雅な時間を過ごすことができます。
穴場的とは言え、初台勤めの人々が結構足を運ぶので、ランチでも予約
していった方が無難な気が。

この間はつい(もとい、半ば確信犯的に)長居をしてしまい、昼休みは
1時間のところ、1時間半をそこで過ごしてしまった。あんまり良くないけど、
いつも昼休み削ってるし、精神衛生上はたまには良かろうということです。
[PR]
by tanicafenet | 2004-09-20 22:43 | 食ニ関スル之事

車酔いは脱したものの

今月来月は結構忙しく、乗りたくなくてもタクシーの世話にならざるを得ません。
車酔いが怖くとも。

でもこの前は特に問題なく、あれは偶々調子が悪かったんだと一安心
していたところ、木曜の晩に乗ったタクシーは、おじさんが道中喋りっぱなしで
改めてヘコみましたよ。
ほとんど一期一会に違いないお客に向かって浴びせる数々の質問、
「絶対寝かさん」と誓ってるとしか思えない間断の無いトーク。

車酔いの時も途中下車したくなったけど、今回も飛び降りたくなりました。
[PR]
by tanicafenet | 2004-09-19 17:07 | 仕事ニ関スル之事

【神楽坂日記連動企画第1弾】秩父ドライブ(に便乗)

【tanicafe-blog連動企画第1弾】秩父ドライブ-vol,1-
【tanicafe-blog連動企画第1弾】秩父ドライブ-vol,2-

神楽坂日誌先生が秩父に行くというので、厚かましく便乗させて貰いました。
ついでにblogも便乗させて貰いました(笑)。
今回は、両blog連動企画です。

a0006362_20262313.jpg
まず私の住む柏から。
時刻にして10時過ぎ。
神楽坂先生の愛車BMWのお出迎えです。
寝坊した私を許して下さい。



a0006362_20294762.jpg

拾って貰った後、先生の軽快なドライブが始まります。
道中はオープンカーにしてもらったり、至れり尽くせりです。
写真はエレガントな車内を撮影しました。



a0006362_20364569.jpg
そして約3時間後。目的地「COUNTRY BURGS」に到着。
まさにカントリー調の、風情あるバーガーレストラン。
満席で、3グループほど待っていましたが、
回転が速いので15分くらいで済みます。



a0006362_220165.jpg
そしてついに。
噂に聞くハンバーガと、ホットドッグのセット。
「胃に収まるのか不安」の図&「親知らずを抜いたばかりだけど咀嚼に差し支えないか」の図。
何せお皿からはみ出しています。
白いフレペリを着てきたことにも反省。



a0006362_2036451.jpg
オニオンは抜くのを頼み忘れましたが、手動で分けられました。
先生オススメだけあって、秩父まで来る甲斐のあるおいしさ。
食べきれないどころか、この後ココアチェリーパイを追加して、カロリーを過剰摂取します。



a0006362_2040448.jpg
その後、最寄の「巾着田」というところで曼珠沙華を鑑賞しつつ、
1時間ほどかけて、先生オススメの長瀞「阿佐見冷蔵」まで
更に足を運び、天然水から醸成された、掌よりでかい
カキ氷を食べます。
食べてる間に3箇所蚊に刺されました。


今回の秩父遠征はこれで終了。
柏に戻って貰って、地元の「Mare@」でパスタを食べて解散。
往復300km、所要時間11時間という長丁場。
先生ありがとうございました!
[PR]
by tanicafenet | 2004-09-12 20:50 | 食ニ関スル之事

インド戦(たまにはトラックバック)

Excite エキサイト : スポーツニュース
アジアカップの好調さを引き継いで、昨日も完勝。
もっと点は獲れたんだろうけど、オマーンに対する得失点差のノルマは達成したので良いのかな。

この記事に載ってる鈴木君、要らないって人は多いけど、個人的には結構好き
なんだよなー。外すことも多いけど、運動量が多いからシュートチャンス自体も
多くなるんだろうし。

単身ブラジル留学に行ってる殊勝なところ、アジアカップの中国国内移動便の
機内で、試合直後でへたってても、後ろにいた記者を気遣って席を倒さない男気。
もっと点獲って、周囲にも認められるといいなー。
[PR]
by tanicafenet | 2004-09-09 09:27 | 徒然ナル之事

ラグー

自主的に咀嚼回数を制限しているので、自然とパスタ等、やわらかな食に
走っています。

で先日K-samaと偶さか足を運んだのが「ビノ・エ・パスタ」。原宿通りの終わりにあるお店です。
a0006362_2301698.jpg

喫煙ルームと禁煙ルームが3,4Mの通路で隔てられている物々しさですが、
禁煙派としては好感持てます。店内もシンプルさを追求した、すっきりとした雰囲気。

で、そこでペンネを食べてきたんですが、ペンネを形容していた「鴨肉のラグー」
というのが「何だった?」ってことになり、聞いてみると「肉を煮込んだもの」と
いうことでした。メニュー読んで、『鴨肉をどうするんだっけ』と思いましたが、
かなり基本用語でしたね、ラグー。

その後家に帰って仏語の辞書を引いたら、「ragout」(シチュー、煮込み)とあったので、
語源はフランスなのかもしれない。ちょっと勉強に。
[PR]
by tanicafenet | 2004-09-05 22:56 | 食ニ関スル之事

「親知らず」を抜いたでござるの巻

それは昨日のこと。
できれば避けて通りたかった、親知らず抜歯の門。
くぐってしまいました。

遡ること5年前の25歳検診。既に「これ、その内虫歯になりますし、曲がって
生えて奥歯を押した形になってますから、早めに抜いた方がいいですヨ」
と云ふ通告はあったのです。
でもひょっとしたらならないかもしれないじゃない、と思って(思い込んで)
放置していたところ、激痛が走ったのが7月下旬。夜中に目が覚めて
どうにもならんという虫歯は初めてでした。

本来すぐにでも歯医者に行くべきところ、ちょうど忙しかったので、数日間
バファリン頼みのまま我慢。1日5回飲んで痛みを散らし続け、1週間経って
ようやく病院に行ったのでした。

病院選びは、親知らずを抜くのって大変そうなので、名医がいらっしゃる所を
探します。色々調べて、五反田のあの総合病院に命運を預けることにしました。
初診では応急処置と、抜歯の日を決定。夏休みが挟まったので、昨日まで
間隔が空いたわけです。

そして昨日、ついに術式の日が。
当日まで親知らずを抜くことに関しては、周囲から散々「超痛い」「死ぬ」と
脅されていたために、気分は最悪。否が応にも心拍数が高まります。
一方先生は至って普通。てきぱきと何やら準備されてます。「タービン
持ってきてタービン」って助手さんに頼んでましたが、もう何だか判らないので
考えないことにします。

「じゃ、やるよぉ」「あう」「注射だけ痛いからねぇ」「あう」ブスリ!
「じゃぶつかってるとこ削るかー」「あう」チュイーン(2,3分)
「さあもうこんなところかなぁ。じゃあそろそろ」「あう」
「じゃあ押すよお」「おう?」グイッ(しーん)「はいもう抜けたからねー、楽にして下さーい」
「・・・あうあえ?」
「うん終わり。今なら10秒で上の歯も抜けるよ。上はね、簡単なの。
今日は下だから長いの」「あうあ」「あとは縫って終わりだから。すぐだから」

ということで、ホントに痛かったのは注射だけで、30分くらいで終わったし、
何とも素晴らしい技術でした。麻酔切れてからの痛みもかなり軽度で
腫れもほとんど無い感じです。ブラックジャック先生です。
抜いた部位を傷めるので、上の親知らずも日を改めて抜くことに
なるでしょうが、今度はハラハラせずに行けそうです。

あー怖かったでござる。
[PR]
by tanicafenet | 2004-09-01 22:11 | 徒然ナル之事