カテゴリ:北海道ニ関スル之事( 25 )

#99 東京六華同窓会 

今日は高校の同窓会に参加。
OB、同期、後輩4~500名の中に紛れ込んできました。

来年で、同窓会の創設から100周年ということで、今回は99周年
(当たり前)。ちょっとした盛り上がりを見せていた。
「日露戦争が終結した年の翌年からあります」という紹介文を読むと、
想像不能だけど、何だかすごい気がする。
a0006362_235342.jpg

散会後は同期や後輩のみんなと軽く飲み。
いい気分転換になった土曜の一時。
[PR]
by tanicafenet | 2004-06-19 23:54 | 北海道ニ関スル之事

池袋に道産子集まるの巻

東京勤務7年目にして初めて、「北海道支店出身者の会(正式名称忘れた)」
に参加してみました。気の迷いです。

これは、そもそも北海道フランチャイズである社員と、一時的でも
北海道の支店で勤務したことがある社員が大挙して集まり、ナツカシ話に
花を咲かせたり、故郷に戻れぬ同病を相憐れんだり、帰りたくても帰れない人
ってこんなにいるんだ、と再確認したりする場です。鬱です。

何故かサンシャインシティの水族館を会場に催された北海道の会。
水槽を漂う魚類を横目に、そこかしこで異様な盛り上がりを見せる
北海道の会でありました。200人くらいいたのかな(巨大な円柱の水槽を
取り巻く環状の通路に人が散在して談笑しているので、カウントできません)。

個人的には、知ってる同期が見当たらなかったものの、久しぶりに
会う知己の方も多かったので、2時間はあっという間で結構楽しめました。
最後に「知床旅情」を合唱して終わってたのがよく判らなかったけど。
[PR]
by tanicafenet | 2004-06-16 23:53 | 北海道ニ関スル之事

北海道余話

札幌に帰った時、唯一気になった物が一つ。

「ゆきむしスフレ」。

千歳空港では、大抵の人が気が付くだろうなってくらい、大々的に
広告を打ってました。北海道では有名な「もりもと」、のお菓子。

が、ちょっと待ってと言いたいのは、「ゆきむし=雪虫」は、ぱっと見は
雪が舞ってるみたいで綺麗かもしれないけど、近くで見れば綿が
くっ付いた感じの「羽虫」であり、見慣れている道産子にとっては、
チャリで走ろうものならバシバシ目に飛び込んでくる「害虫」、
しかも一旦目に入ると全然取れない厄介もの。

その、「スフレ」??

えーと、それはどう考えてもまずいよなーと思って、
「ああ、ひょっとして『雪蒸し』?」なんて前向きに解釈したりして
広告パネルに近づいてみると、

「北海道では晩秋の午後、日があさくなってくると、
いつのまにか真っ白い綿毛をつけた小さな虫たちが
フワフワ飛びはじめる。(webで確認)」

・・・オ、オレには買えぬ。
[PR]
by tanicafenet | 2004-06-09 21:52 | 北海道ニ関スル之事

GW2

3~6日と4連休を作っての札幌療養計画。
今回は体調を崩すことなく、徹底的に休むことに成功
しましタ。

遠出はせず、マルイ(※)に行って買い物したり、
寿司やら何やら食べに行ったり、旭山記念公園に
行った程度。
家のPCにも、これを書き込むまで一切触れず、
東京の生活を思い出すような行動は全て却下。
明日の朝、札幌を発つまでは、なるべく東京のことを
考えまいと思う。
今ちらっと考えただけでめっそり。。

(※)マルイ
 札幌のマルイは、OIOIのマルイではなく、北海道に
 古くからある丸井今井という百貨店で、東京のとは別物。
 札幌では、三越、西武等々と互角以上に頑張っている。
 帰省時はなるべくここで買い物して、北海道の地元企業に
 貢献するのがダンディズムである。
[PR]
by tanicafenet | 2004-06-06 22:47 | 北海道ニ関スル之事

ぼくのGW in 札幌

4/29:GWの始まりに胸膨らませながら家でくつろぐ。

4/30:Hさんとランチに外出。
     帰宅後、少し身体がおかしい気がする。
    Kさんと夜飲む。
     帰宅後、扁桃腺の痛みが一気に激しくなる。
     薬を飲んで寝るが、喉の激痛に2時間おきに目が覚める。

5/01:扁桃腺が異常に腫れ、化膿する。
     喉の消毒、風邪薬の服用を繰り返すが無効。声が出なくなる。
     2時間の浅い睡眠-激痛による目覚め-30分の苦悶、を繰り返す。
     夜半、血尿があった気がするが、気のせいだと思う。

5/02:救急病院へ。
     抗生物質、痛み止めを処方される。風邪ではないとのこと。
     過去の行いに思いを馳せたりする。

5/03:引き続き抗生物質を服用する。症状に変化は見られない。
     副作用に悩む。食べ物は依然喉を通らない。
     夜の目覚めは2度程度になる。

5/04:引き続き抗生物質を服用する。
     朝方から少し快方に向かい、夜には痛み止めを飲まなくなる。

5/05:引き続き抗生物質を服用する。
     歩き回れるようになる。
     軟らかい物が喉を通るようになる。
     そう言えば後2日治らなくても良かったのにと思う。

5/06:一度も目覚めず朝を迎える。
     飛行機に乗れそうだったので帰京、午後出社する。


・・・・・・いいでしょうか、もう一回GWもらって。
[PR]
by tanicafenet | 2004-05-06 22:51 | 北海道ニ関スル之事