カテゴリ:蹴球ニ関スル之事( 11 )

ブラジル戦に寄せて 「ヒデ頑張れ!」

今、手元に99年9月に文庫化された「中田語録・第1刷」がある。
a0006362_620185.jpg
その中に、後に「マイアミの奇跡」と称された、ブラジルを1-0で破ることになる
試合直前の彼の言葉はこうだ。

「たとえブラジルであろうとも、相手を小ばかにするようなプレーがしたい」

そして明日AM4時、中田はそのブラジルと戦う。


もう少し言葉を借りる。例えばパスについて。

「ゴールのための可能性を追求するのか、味方の動きに合わせるのか、
確かに選択を迫られる。だったら俺は、迷うことなく前者でありたいと思う」
「俺の役目は、パスを送り続けること。その先の結果はFWに託すしかない。
だからこそ、妥協したパスなんて出せないんだよね」

そして井原さんがCapだった頃の、チームに融合していた時の言葉。

「みんな凄く仲がいい。それに代表は目的が明確な分、戦う意識が高い」
「ヤナギ、どの場所に、どんなボールが欲しいのか、もっともっとアピールしろよ」
「我が強いと思われるくらいに、自分を出していかないと」

ヒデはヒデ。
この語録の通り、98年にこの本がハードカバーで出版された昔から
ヒデは変わっていない。仲間意識も上述の通り、本当は高い。

次のW杯、もといその予選に彼が残ってくれるか判らない。

「戦う意識」、「自己アピール」、「我の強さ」を周りも見せてくれたら、
また少しだけ、次世代のために残ってくれるかもしれない。
逆に言うとこの試合を最後に諦観し、代表を去ってしまうかも知れない。

それを見届けるために、今日はもう、寝ます。
(追記:AM6時過ぎ。ごめんなさい、以下、肖像権は判っている上です)
ヒデ、心からありがとう、本意じゃない結果だと思うけど、goodゲーム。
a0006362_617224.jpg
(TV前はヒデ、川口一色)a0006362_6173311.jpg
(お疲れ様、ヒデ)a0006362_6174523.jpga0006362_6175391.jpg
(その涙を継いでくれる誰かが出現することを祈って)a0006362_6181158.jpg
(こうして幕は下ろされました。W杯以前に、2年後の予選、残ってくれるかな・・・)a0006362_6182393.jpg
「中田語録」、最後の引用です。

「俺は勝っても泣きませんね。もちろん、負けても泣きませんけど」

この言葉と、最後のヒデの、その正反対の姿が、彼の本当の全てを
物語っているのではないでしょうか。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-22 22:08 | 蹴球ニ関スル之事

W杯、切なさと愛しさと興奮と。

先日の「日本vsオーストラリア」の試合は、仕事を終えてから友人宅に
お邪魔して、BSハイビジョン、32インチ巨大ディスプレイで観戦させて
もらいました。本当、感謝感謝。ありがとう!

この日、攻守にガッツがあったのはヒデと川口だけ。
試合の方は、今更言うまでもなく、明日の2試合目以降に全く興味がなくなって
しまった有様でしたが、最後の10分までは大興奮で楽しんでいました。
『もし松井が呼ばれていたら、サイドも何もぶち抜いて鈍重な豪州を一蹴していたのに』
とか、
『4年後のキーマン、と言うか2年後の予選を突破するべき「世代」が召集されて
いないんですけど』
とか言っても詮無きことですが、「監督」ジーコに拘った協会の責任は重いでしょう。
全員辞任です(「選手」ジーコは勿論大好きです)。
と言うことで、あとはMyFavoritesを応援して楽しむに限るわけで、
(アルゼンチンとオランダ。奇しくも同グループに)
a0006362_18585874.jpg
アルゼンチンの10番Bagは「軽やか」アイマールイメージで購入していたのですが、
結果「ごっつい」リケルメになりました(笑)。でもあの「走ってさえいれば足元に出てくる
真のキラーパス」は、文句無しの10番ものです。DFしないのはご愛嬌!
そしてオランダ。ロッベンはここ数年最も好きなプレイヤー。今大会は大活躍で
ほんと大満足。
オランダのユニフォームはポロシャツのようにしっかり襟付きです。
これはジュニア用サイズ。160cm仕様だけど、私(172cm)にはジャストフィットで、
しっかりNIKEの高機能スポーツ仕様も搭載していて着心地も抜群です。
1日(水)は、その両チームが1位突破を賭けて激突!
朝4時キックオフだけど、23日(金)に同じく4時キックオフの「日本vsブラジル」よりも
絶対観たい!
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-17 19:12 | 蹴球ニ関スル之事

駅伝からフットサルへ。そしてイングランド勝利

駅伝が終わり、食生活は普通通りの日々を取り戻しつつあったところ
ですが、先週、来月にフットサルに出ることが決まり、よりパワフルな
トレーニングを課すことにしました。

(よりパワフルにするためにはまず道具から)
a0006362_21273470.jpg
昨日KAMOでマイボールを買い、気分を出すためにmy favorite
右MFの石川(直)くんのレプリカTシャツも購入。右上は関係ないけど、
学生時代からのバスケマイボール。

それから昨日は「イングランドvsパラグアイ」の試合を、家の近くの
PUBにLIVEで観てきました。

(と、その前に急遽召集がかかった「安曇家」@表参道)
a0006362_21305291.jpga0006362_2131127.jpg
巨大な樽?で部屋が仕切られてます。
(そしてハシゴしてアイリッシュパブ「TULLAMORE」@代々木公園へ)
a0006362_2132538.jpga0006362_21321493.jpg
Pubだからイングランドの人でいっぱいで面白くないかなーと
思ったんだけど、日本人ばかりで2,3人しかいなくて少し残念。
a0006362_21323053.jpg
フィッシュアンドチップスや、牛肉のギネスビール煮込みなど食べつつ、
試合の方は1-0で勝利。グループリーグの突破は大丈夫そうです。
でもPubでの視聴は、タバコ吸ってる人が多かったからもういいや。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-11 21:44 | 蹴球ニ関スル之事

KARADA作り

a0006362_2125314.jpg

中秋の名月ということで、昨晩ベランダに出て撮ってみたわけですが、
写してみると元気玉みたいで、風流でもなんでもないですね。
矢張り、月見団子やススキといった装置を用意するべきだったようです。

さて悪い予想通り、無為に過ごしてしまった3連休でしたが、
最後の最後だけは帳尻合わせということで、30分ほど走って来ました。
8月の熱闘フットサルで、予想外に体力が落ちていることが判ったので、
涼しくなったら(←この辺が弱気)体力作りに充てようと思っていたわけです。

それにしてもこの低下傾向は良くないです。
気持ちの上でもショックです。
気が付けば30よりも「31寄り」になっています。

against 30's!
ちょっと頑張らないと。
[PR]
by tanicafenet | 2005-09-19 21:54 | 蹴球ニ関スル之事

神が降りた初フットサル

今日は齢30にして初めて、フットサルの試合に挑んでみました。
フットサルは基本的にはサッカーと一緒ですが、選手は11人ではなく
5人だったり、ショルダーチャージができなかったり、スローイン
じゃなくてキックインだったりと、ルールの違いはかなりあったり
します(今回学ぶまで正確なところは知りませんでした)。
ともあれ、サッカーにしたって大学主催の球技大会でやったのが最後で、
サッカーは観るのもするのも大好きだと言っても、恐らく10年ぶりの試合です。
本職のバスケだとしても、3年以上のブランクです。
寄る年波と運動不足による衰えが大いに懸念されます。

一方経緯は知りませんが、今回の対戦メニューは、
「自分が所属する10Fの部門vs8Fの部門」
だなんて、ちょっと熱くなりそうな部門対抗設定だったりもします。
負けた方が顔を合わせる度に馬鹿にされます。
そんなこんなで、午後にわざわざ2時間年休を取り、八幡山のフットサル
コートに向かったわけです。

到着時間17時少し前。気温、恐らく30度超。
何か既に疲れてるんじゃないかという疑念を振り払い、17時から30分
程度のアップを行います。

パス!シュート!

何れも微妙にスポットがずれてフィットしません。
頭をよぎるブランクの4文字・・・。
その後も軽くブルーになりながらもアップを続け、相手チームもメンバーが
揃ったので、いよいよ17時30分キックオフです。
因みにこの時点で、こちらは6名、相手は10名程度。何かメンバーチェンジ要員が
著しく不利のような気がしますが、それでも試合は始まります。

勝敗は、19時までの合計得点によって決着、1セットは10分とのお達しです。
「10分か、それならまあ何とかなるか」と思いながら試合開始。
試合は冒頭から交互に点を取り合うスリリングな好勝負を展開。あっという間に
1セットが終了します。
ちなみに私の体力は、100をMAXとすると、若干飛ばしたせいで50くらいにまで
減っています。
「これを70くらいに戻すには、恐らく5分の休憩が必要じゃのう・・・」としみじみ
しているそばから、
「休憩1分!」と相手チームの体育会系が叫んでます。
8Fチームはいつもそうで慣れているのか、時間になると悠然とコートに
戻ってこっちを見ています。
仕方が無いので、60くらいにしか戻ってない体力で第2セットスタート!終了!
同時に嫌がらせのように「休憩1分!」と体育会系が叫びます。
私はもう体力の底が見えたりしています。2リットルの麦茶は1/3に減りました。
それでも試合はこのペースで突き進みます。

その間5分だけキーパーをやって体力を回復したりもしますが、ホイミ程度も
効きません。「うっ、ガッツが足りない((c)キャプテン翼・テクモ)」
一方相手チームは知らないうちに選手が増殖し、今や15人くらいいるんじゃ
ないかって勢いです。選手交代やり放題です。3チーム目を作りませんかという
こちらからの申し出は却下されました。こちらは6人のままのやり繰りです。

それでも80分近くが経過して迎えた最終セット。
私はその前のセットで両足が攣る寸前だったのでベンチスタートにさせてもらいます。
試合の方は、実は互角の展開。人数の少ない10Fチームでしたが、試合巧者の
2人がチームを引っ張り、最初から最後まで、ほぼ1点差のままゲームが
推移していました。いよいよ迫る決着の時。私も十分に休ませて貰ったラスト3分、
ゲームに戻ります。
この間の休憩で、体力は「これなら結構走れるかも」程度に回復、ボールにも
絡めるようになってきたその時、サッカー神が八幡山に降臨しました☆
二度と決められないであろう、奇跡の股抜きドリブル&ゴール(使用ガッツ300)は、
チームとしての10番目のゴールとなり、試合はそのまま10-9で逃げ切って終了。
数的不利を全員で跳ね返し、見事に勝利を収めたのでした。
90分間中、89分間は役に立っていなかっただけに、最後の最後で貢献できて
めでたしめでたしでした・・・。

戦果:両足攣り、両親指爪内出血、超強力筋肉痛、虫刺され4箇所

監督(?)を囲んで
a0006362_1575819.jpg
[PR]
by tanicafenet | 2005-08-05 01:57 | 蹴球ニ関スル之事

ブラジル戦対策

今から5時間後、コンフェデの日本対ブラジル戦が始まります。
今から起きて、そのままずっと見続けるのは辛いので、
今から寝て、5時間後に起きて観戦したいと思います。
中田、川口、田中誠が輝いたマイアミの奇跡を再び・・・!

そして終わるのは6時前。
1時間ほど寝るのも微妙だし、仕事も溜まり気味だし、会社も静かで
素敵なので、そのまま早朝出社を決め込もうかなと思います(今のところ)。
[PR]
by tanicafenet | 2005-06-22 22:43 | 蹴球ニ関スル之事

頑張れユース

いい時間からワールドユースが始まって、更新するのを
すっかり忘れてしまいました。

ともあれ、何とか予選を突破してくれて良かったー。。
内容は弱々しくて切ないものがありましたが、中国が
決勝トーナメント進出を決めている以上、遅れを取るわけには
行かないでしょう。

続いて明日はコンフェデ第2戦。
W杯予選では調子を落としているギリシャなだけに、
何とか勝って、本選出場に望みを繋いで欲しいところ。
眠いけど見る!
[PR]
by tanicafenet | 2005-06-19 02:19 | 蹴球ニ関スル之事

W杯出場☆

W杯予選でなければTVを消していたであろう前半戦を経て、
大黒サマINの後半戦は、漸く動きが活性化。見事に完封勝利を
飾り、本選出場を決めてくれました。
これでW杯は一層のめり込んで楽しむことができますね。

今日の試合、「新入りの大黒サマにはパスを出さない柳沢」って
構図が見えたのが新たな収穫?
柳沢のやる気を引き出す、いいコンビが生まれた試合だったのかも。
[PR]
by tanicafenet | 2005-06-08 22:02 | 蹴球ニ関スル之事

対バーレーン戦

明け方近くまでW杯予選を観ていたために、今日は起きたら
15時を回っていて軽くブルーになりました。
その後、焼きうどんを作って、食べてから横になってウトウトしていたら、
今度は気が付くと20時を回っていてスッカリ落ち込みました。

ともあれ勝ってくれたので何よりなわけです。
終盤以降はダレダレだったけど、負ける気配は殆ど無かったし。
次の試合、小野は元より、中田英、中村が出られないのは
攻撃力が激減して残念だけど、攻守に物騒な三都主が出られないのは
僥倖でした。
稲本と三浦淳に大きく期待☆
水曜日は残業なしで。
[PR]
by tanicafenet | 2005-06-04 23:10 | 蹴球ニ関スル之事

ゴォォォォル(?)

見事にホームで勝利・・・!

と形容するよりは、運がいいにもほどがある、と表現した方が
妥当なんでしょうね、やっぱり。。

6月のバーレーン戦第2Rには、個人的には是非石川直宏くんを
右サイドに抜擢して頂きたいなーと思ってます。
スタジアムで何度も観たんですけど、ほんとに速いです。
DFは1試合に3度は置き去りです。
何より若いし、今後のJapanのためにも・・・!
[PR]
by tanicafenet | 2005-03-30 23:04 | 蹴球ニ関スル之事