北海道余話

札幌に帰った時、唯一気になった物が一つ。

「ゆきむしスフレ」。

千歳空港では、大抵の人が気が付くだろうなってくらい、大々的に
広告を打ってました。北海道では有名な「もりもと」、のお菓子。

が、ちょっと待ってと言いたいのは、「ゆきむし=雪虫」は、ぱっと見は
雪が舞ってるみたいで綺麗かもしれないけど、近くで見れば綿が
くっ付いた感じの「羽虫」であり、見慣れている道産子にとっては、
チャリで走ろうものならバシバシ目に飛び込んでくる「害虫」、
しかも一旦目に入ると全然取れない厄介もの。

その、「スフレ」??

えーと、それはどう考えてもまずいよなーと思って、
「ああ、ひょっとして『雪蒸し』?」なんて前向きに解釈したりして
広告パネルに近づいてみると、

「北海道では晩秋の午後、日があさくなってくると、
いつのまにか真っ白い綿毛をつけた小さな虫たちが
フワフワ飛びはじめる。(webで確認)」

・・・オ、オレには買えぬ。
[PR]
by tanicafenet | 2004-06-09 21:52 | 北海道ニ関スル之事


<< 北海道余話2 GW2 >>