「北海道の会」なるもの

うちの会社はガタイだけはデカいので、「北海道の会」なる、
北海道出身者、乃至は支店経験者が集う会が、年に1回だか
2回あります。100~200人くらい今日もいたでしょうか。

それで、通常私は出ないんですが、今年は何となく出る気になって、
会費6,000円払って行って来ました。口にしたのはサンドイッチ一つと
ウーロン茶一口だけでしたけど。

でも払った甲斐あって、なかなか懐かしい出会いがありました。
とにかく数年ぶりなもので、会う人会う人、「た○○○、・・・お前、
その顔・・・身体どうした?お前もっとこう、普通だっただろ?
東京の・・・生活でアレか?そんなになったのか?」というリアクションが
多かったです。
それも理由の一つであることは間違いないんですが、今回は
駅伝効果があって、そのせいです、ということは説明しておきました。

あとは大好きな部長さんに会えたのも良かったです。
たまには出てみるものです。
もっとも、「あまり入れ込まないで。気長にね・・・!」という意味深な
コメントを頂いたりもしましたが。。
[PR]
by tanicafenet | 2006-06-14 22:01 | 北海道ニ関スル之事


<< W杯、切なさと愛しさと興奮と。 駅伝からフットサルへ。そしてイ... >>