【グアム・結婚式参列⑤】最終日 ~ココス島、そして日本へ~

いくら体調不良だと言っても、グアムに渡って海にも行かず、カーテン閉ざして
日焼けもしないのは問題だろうということで、最終日は身体に鞭打って、
ついに初ビーチに繰り出しました。独りですけど・・・。

行き先はココス島。グアムの中でもリゾート色が一層強い、本島から船で
10分程度の距離に浮かぶ小さな島です。ホテルからは小1時間かかりました。

(頑張って足を運んで良かった、心洗われる風景)
a0006362_23362878.jpga0006362_233637100.jpg
(小型ボートによるイルカウオッチングクルーズに参加。背びれが数10M先に)
a0006362_2336526.jpg
(野生イルカのジャンプ☆ちなみにボート疾走時の水飛沫が凄まじく、この間、乗員全員びしょ濡れ)
a0006362_2337420.jpg
あとは本島に戻る直前、自分の足跡が何もないのも切ないので、
観光客の方に頼んで1枚撮ってもらいました。
(イルカ見物に伴うずぶ濡れで髪がオールバックに。後方は本島とを結ぶ小さなフェリー)
a0006362_23384764.jpg
こうして図らずも海水をかぶりつつ、8時に始まったココス島の旅は13時に終了。
14時過ぎにホテルに戻って来ました。ようやく、ほんの少しだけ日焼けした感じです。
まー、これくらいが31歳にしては丁度いいところかも。
それにしてもココス島は清清しいスポットでした。

その後、近くのABCストアに買出しに行った帰りに友人夫妻にバッタリ遭遇。
4夜連続となる最後の夕食も、一緒に摂ってくれることになりました。

(グアム挙式の旅、最後の1枚。ジャマイカ料理「The Jamaican Grill」にて)
a0006362_2345919.jpg
私が持っている黄緑のボトルは、何とかっていうジャマイカの
グレープフルーツジュースで、食事も含めてとてもおいしかった☆

2人には最後の最後まで気を遣ってもらって恐縮至極だったのですが、
その暖かい思い遣りが本当に嬉しかったです。この場を借りて、改めて、
心からありがとう!

そうして帰国は翌朝の早朝便。チェックアウトはAM4時でした。
ちょうど札幌に帰って行く新郎新婦、ご親族ご一行もほぼ同時刻の便で、
空港で最後の挨拶を。
なお新郎友人のお母様は、私に妙齢の女性を紹介して下さるそうで、
この夏は札幌でお見合いです(笑)。 ←ほんとに!?

そんな去り際、挙式後すぐに出来上がったという、結婚式の集合写真を
プレゼントして貰い、札幌での再会を約束して、お互いグアムを後にしました。
お2人の幸せを分けてもらったグアムの旅は、こうして幕を閉じたわけです。

(今も会社の机には、私も交ぜて頂いたその集合写真が飾ってあります)
a0006362_23431076.jpg
[PR]
by tanicafenet | 2006-03-05 00:00 | 北海道ニ関スル之事


<< 表参道ヒルズ&「Trattor... 【グアム・結婚式参列④】3日目... >>