朝の連ドラ

9時に家を出れば十分なので、引っ越してからNHKの朝の連ドラを
見るようになりました(厳密に言うと流しっぱなしですが)。小学校から
数えても、恐らく初めての習慣だと思われます。

その連ドラ「ファイト」。見慣れないせいなのか、得てして連ドラは
こういうものなのか、展開の速さが滅茶苦茶早いし、内容も波乱の連発。
初期設定としては、主役の女子高生の女の子は、ソフトボール部で
レギュラーを狙う毎日。父は小さなバネ工場の社長。そして仲の良い母と弟。
それが、バネの大手発注元の不正を、父が暴いたところから急展開。

発注元の大企業はバネ工場を潰しにかかり、工場は抵抗するも
敢え無く倒産。ちなみに発注元の関係者は、実は主人公の親友の父。

親友同士はそれがきっかけで仲が悪くなり、そのうち主人公はいじめに
遭うようになり、拠り所だった部活は、計ったようなタイミングで膝を痛めて
退部。居た堪れなくなった主人公は、あっという間に登校拒否に陥ります
(それはそうだ)。

両親も微妙に距離が開き、気が付けば別居状態。父はバイトで生計を、
母は姉弟を連れて、旅館の仲居の仕事に。そうこうしている内に
主人公も仲居になるも、注文を聞き忘れたり、枕に針を残したままで
お客さんに差し出すなど、如何にもなハプニングを連発。弟も負けずに
家出イベントを発生させます。
最近は脈絡も無く、父親不在の隣家に、独り者の外科医が登場しました。

ともかく殆ど誰も幸福になった試しがありません。
つまり朝から主人公と一緒に不幸な気分で出社するわけです。
[PR]
by tanicafenet | 2005-06-14 23:38 | 徒然ナル之事


<< 「大改造!!劇的ビフォーアフタ... 連続更新2週目に >>