神楽坂日誌どのご案内

車の視点、人の視点。代々木八幡での考察
トラックバックです。

一昨日は、神楽坂日誌どのとkino-Pどのが代々木に遊びにいらっしゃい
ました。
ので、美味しいものをと思い、「WeST PArK CaFE」にご案内。
ロティサリーチキンを食べて貰いました。

その後は小一時間程度、拙宅にご案内。「拙宅」って初めて使いました。
そうしてウィニングイレブン8やら天誅3やら高校時代のアルバムやらで
おもてなしムードを演出、狭い部屋を満喫して頂いたということです。
[PR]
by tanicafenet | 2005-02-25 23:16 | 食ニ関スル之事


<< 拙宅にオーブンレンジが ドライヤーとオッサン(タイト... >>